アイシャドウ

明るめのアイシャドウ

明るめのアイシャドウは20代、30代の前半は肌にあったのですが、だんだん年齢とともにあわなくなってきてしまいました。アイシャドウだけがういてしまうのです。

コスメとして大事なアイシャドウも年齢とともに変化します。オレンジは以前から似合いませんでしたしおちつきませんでした。以前はピンク系のアイシャドウを使っていたのです。
ときどきコスメとしてカラフルな何色もはいったアイシャドウを
買うこともありました。

赤、オレンジ、ピンク、黄色、ブルー、紫、茶、こげ茶など10色ぐらいは
あったでしょうか。いろいろ色を変えて楽しんでいました。若いとどの色をとってもそれほど違和感がないのです。その時の気分で色を変えるのって楽しいですね。
時と場合によって色分けもしました。
明るめのアイシャドウは若いうちに楽しんでいたいたほうがいいと思います。 


暗めのアイシャドウ

30代、40代になってくると肌色と茶色のセットや紫のセットなど無難な色を 好むようになります。コスメとしてのアイシャドウの色も年齢とともに変わってきます。 私は黒いメガネをかけているのでそれほどめだたないと思っているのですが、 コスメであるアイシャドウをつけているのといないのでは意識の差が大きいのです。

きちんとお化粧をするならコスメとしてのアイシャドウはかかせません。

化粧品会社の美容院さんでもおすすめされるのは無難な色が多くなってきます。 年相応といったところでしょうか。 それほどアイシャドウにはこだわっていないのですが、見ておかしくない程度に つけるようにしています。

今は肌色とこげ茶色のセットのものをつかっています。 黒っぽいものはあまり好きにはなれません。

やはり年齢を重ねても好みがあるようです。
化粧映えするためには脱毛でキレイな肌を手に入れるという手もあります。今は全身脱毛が流行りだそうですよ。

コスメイラスト
美白化粧品に興味が出てきたら参考になるサイトはコチラ>>>美白化粧品ゼミ〜白斑にならない効果のある人気のコスメランキング